HOME > 任意売却

任意売却

何らかの事情で住宅ローンなどの借入金の返済が困難になった場合に、 仲介者が債務者と債権者(金融機関等)の間に入り、両者に満足が得られる価格で売買を成立させることを任意売却と言います。 債権者(金融機関等)の合意のもと担保として提供している不動産を処分する手続きです。


マイホーム購入の際、大半の方が住宅ローンを利用して購入しているはずです。 その融資担保として金融機関は購入した不動産に抵当権を設定しますが、売却する場合には抵当権を抹消してもらわなければなりません。 抵当権を解除してもらうためには、残っている住宅ローンをすべて返済することが原則です。 住宅ローンの残債を上回る売却が困難な場合は、別に用意したお金を足す方法と、住宅ローンの融資先の金融機関などの合意をあらかじめ得たうえで、 不動産を売却し、まだ債務が残ったままの状態で抵当権を解除してもらうことが必要となります。


返済が困難になる事情は、リストラ・倒産・収入減・病気など様々です。 住宅ローンの支払いを滞ると金融機関は最終的に担保の不動産を差し押さえ「競売」の申し立てをします。 競売では、市場価格の5~7割程度で設定され、安い価格でしか売れないため、住まいを失った後も借金が残ります。 経済面だけでなく精神面でも非常に負担が重いのが競売です。 この競売を避け、任意売却にて処理を行うことにより生活再建を図り、次の人生を豊かにするため一人で悩まず、まずは当社までご相談ください。

お問い合わせはユナイテッドプルーフまで

Sale by Private Contract